www.officialjswagg.com

パソコンの。画面の前に座って止まることなく変化している為替相場を見てしまうと、何やら売り買いをしなければいけないという抑えようのない気持ちに煽られる場面も多いです。だが、不明瞭な感覚で売り買いをするのは、絶対にしてはいけません。確かに、外国為替相場は四六時中いずれかの国で為替市場が開かれているしレートも休みなく変動しています。とは言っても、何回もトレードをしていると、それだけで損をする確率が上がります。もちろん、エントリーの数を経験することによってトータルで儲けられる可能性が五分五分になります。でもその事実は「明確でない感覚で売買」してしまうこととは話が違います。売り買いの回数を重ねる意味というのはあなたが「ここはいける」と考える確信を得られた状況でのエントリー回数を重ねるという事です。何となく、注文を重ねるのとはかなり異なります。マーケットの勝負にi挑むには、白分で緩急をつけることが必要です。「ここは勝てる」と思えた為替相場の時には、覚悟を決めて持っているポジションを多くして集中して利益を追い求めます。「少し分からない外国為替相場で、どう上下するのか考え付かないな」と感じたならば、所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしません。このぐらいのテンポでやった方が、最終的には売り買いは儲けられます。マーケットの名言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりだと思います。為替取引とは、いつも売買ポジションを所有する事が重要ではなく、何も保有せずじっとしていることも時には、必要です。では、どういった時に休めばいいのでしょうか。第1に考えられるのが、先述の通り、これからの外国為替相場がはっきりと難しいときです。これからドル高になるのか、ドル安になるのかが決断できない時は、考え無しで行動すると、自分自身で書いた脚本とは逆に為替相場が向ってしまい、損する事になってしまいます。だから、そんな状況ではポジションを整理して何もしないで様子を見ているのがいいだろう。第2に、体調がよくない時です。体の調子と相場につながりがない感じる人もいますが実際には関係がある。体の状態がよくなければ、外国為替相場のミスできない状況で、正しい決断が出来ない場合が多くなります。気分が進まない時は、マーケットから目をそらす事も肝心な事です。

Link

Copyright © 1996 www.officialjswagg.com All Rights Reserved.